ルアーの種類と特徴
↑クリックすると詳
 しい説明と動画が
 見れます。
ラインの結び方
         講座
簡単で応用範囲が広く強度的にも問題なく、一般的ですので、この結び方を覚えておくと便利です。
ルアーフィッシングはラインが傷みやすく、頻繁にラインの交換が必要です。この結び方を覚えておけば経済的です。 
 

ユニノットと同じく一般的な結び方ですが、それほど大きな違いはなく、しいて言えば、ユニノットは細め、クリンチノットは太めと覚えておくと便利かも知れません。
 1 ユニノット
 (細めのライン用)
 2 クリンチノット
 (太めのライン用)
  3 ブラッドノット
(ラインとラインを結ぶ)
タックルの知識
 古くからバスフィッシングに使われているタックル。ルアーコントロールの操作性、パワー性に優れ、極端にライトなルアーを除けば、ほとんどのゲームに対応できるタックルである。
 リールの巻き上げる力を生かして、水の抵抗を受けやすいハードルアー(クランクベイトなど)の使用、ヘビーカバーをタイトに攻める場合などに威力を発揮する。しかしその反面、慣れないうちはキャスティング時にリールからラインが出すぎて絡まる現象(バックラッシュ)を起こしやすい。
 誰でもすぐに使いこなせるタックルではないが、パワーと微妙なライン操作性の優位が強力な武器となるタックルである。

 ベイトキャスティングタックルと比べて、バックラッシュ等のトラブルが起こりにくく、また、ベイトキャスティングタックルでキャストしずらいライトウェイトのルアーを使用するのに向いている。その汎用性から、比較的使い方をマスターしやすいタックルである。
 スピニングタックルがライトウェイトのゲームに向く理由は、リールの機構による。キャスト時にベイルを起こしてフリーの状態にするため、ラインの放出に負荷が掛からない。そのためルアーが軽くてもキャストしやすい。その反面、リトリーブ時にラインがねじれながらスプールに収まっていくため、ラインの癖がつきやすいのが難点。
 ロッドも柔らかいモデルが多い。バスの活性が低い時などの微妙なアタリを取る場合に威力を発揮するタックルである。

【ベイトキャスティング・タックル】
【スピニング・タックル】
 テーパーとは、ガイドにラインを通して負荷をかけたときの「ロッドのしなり具合」を表す言葉。
 ファスト・テーパーはティップ寄りに曲がりの頂点がある。スロー・テーパーはバット寄りに曲がりの頂点がくる。その中間がミディアム・テーパー。
 ロッドのパワーは柔らかい方から、「ウルトラライト」「ライト」「ミディアムライト」「ミディアム」「ミディアムヘビー」「ヘビー」「ウルトラヘビー」となっている。同じ表示でも素材によって多少印象は異なる。
【パワー】
   【テーパー】
※このページの画像と動画は           さんからおかりしました。
↑トップウォータープラグ左からフロッグ、ポッパー、ペンシル、スイッシャー、バスベイトです。