スターウォーズの基礎
 このサイトは、スターウォーズには興味があるが、未だよくわからないという人向けの、スターウォーズの入門サイトです。
                                  1・作品について 
監督・ジョージルーカス監督
作品総数全6作(2005年夏に完結編公開予定)、その内、全米歴代講習ランキングTOP20に、1作目は2位、2作目は19位、3作目は15位、4作目は4位、5作目は14位と、(完結編を除く)すべてがランクイン。特に第1作目は、アカデミー賞の衣装賞、音楽賞、美術賞、特殊視覚効果賞、編集賞、音響賞、特別賞の7部門受賞 (2004年2月現在の情報)

          2・各作品の紹介
第1作目「スターウォーズ 新たなる希望」    1977年公開
第2作目「スターウォーズ 帝国の逆襲」     1980年公開
第3作目「スターウォーズ ジェダイの帰還」   1983年公開
第4作目「スターウォーズ ファントムメナス」   1999年公開
第5作目「スターウォーズ クローンの攻撃」   2002年公開
第6作目「スターウォーズ シスの復讐」      2005年公開
以上のように、未公開作を含めて、STARWARSは全6話からなっています。これらすべての作品はすべて内容がつながっています。
それでは次に、物語の展開について説明しようと思います。ここが、山ですので頑張ってください。    
  
                 3・物語の展開
上述したように、スターウォーズは全6話からなっていて、現在6作目が上映中です。したがって、現在上映中の「シスの復讐」がスターウォーズの中の物話(歴史)の中で一番新しいものである、と考えるのが普通ですが、実はそうではないのです。左下を見てください。
「スターウォーズ ファントムメナス」・・・・・・・・・・起点
「スターウォーズ クローンの攻撃」・・・・・・・・・・「ファントムメナス」から10年後の話
「スターウォーズ シスの復讐」 ・・・・・・・・・・「クローンの攻撃」から2年後の話
「スターウォーズ 新たなる希望」・・・・・・・・・・「シスの復讐」から20年後の話
「スターウォーズ 帝国の逆襲」・・・・・・・・・・「新たなる希望」から3年後の話
「スターウォーズ ジェダイの帰還」・・・・・・・・・・「帝国の逆襲」から1年後の話

これを見ればお分かりになるように、スターウォーズの物話(歴史)の中で、一番古い時代を扱った作品が、1999年公開の「ファントムメナス」であり、すでに1983年に公開された「ジェダイの復讐」が、スターウォーズの物語(歴史)で一番新しい時期(時代)を扱っているのです。このことは、慣れてしまえばなんでもないのですが、初心者の方にはちょっとわかりにくいですよね。
このような展開のため、現在上映中の作品の、主人公などの将来はどうなるのかといったことは、すでに「新たなる希望」や「ジェダイの復讐」といった作品で公開されていますから、どのような話になるのか大体見当がつくということになります。
            4・スターウォーズの楽しみ方・・・スターウォーズを一度もみたことがない人向け
このページは、スターウォーズの基礎ということで、スターウォーズに関する様々な、基礎的情報を盛り込む次第ですが、人物の相関や、事件などについては、物語を見る時に、その感動や感激を半減させるから扱わないことにしています。それにしても、スターウォーズを味わうには、やはり、映画を見て何かを感じることが一番よい方法です。第3作目を除く全ての作品のDVDはすでに発売されていますので、ぜひとも鑑賞してみたらいかがでしょうか。
そこで、もしビデオやDVDでスターウォーズを見ることになった場合に、どの作品からみればよいかという疑問が生じるかもしれませんが、やはり製作順(年代の古い順)にみることをお勧めします。
最終更新日    1月29日・・・ページ更新!!
                         
 
・・次のページへ・・
ファントムメナス
クローンの攻撃
新たなる希望
帝国の逆襲
ジェダイの帰還

    シスの復讐

最新情報

スターウォーズ掲示板
 去年の夏に公開され、大反響だったスターウォーズの完結編、エピソードVがついに11月23日に発売!!
 下のリンクボタンから、DVDを購入して、エピソードVをもう一度見直してみてはいかがでしょうか?
 ダースヴェイダーの台頭を描く小説、『スターウォーズ 暗黒卿ダース・ヴェイダー』上・下巻が発売中!エピソードV直後のダースベーダーの暗躍がこれでわかります。興味のある方は下のリンクボタンからどうぞ。
 エピソードW〜Y収録の『スターウォーズ トリロジー』がお求め安い価格で販売中!!まだもっていない人は必見です!