【このメルマガの主旨】
平日毎日、中国語一語一文の発音を、音符システムを使って配信していきたいと思っています。
実際の発音に関して、直接にお聞かせできないのがとても残念ですが、ご要望や質問があってメールをいただいたら、すぐにお答えいたします。

このメルマガは、作者が中国語の先生と共同で運営しております。
実際に、作者がこの音符システムを使って実験的に中国語の指導を受けており、短期間で飛躍的に発音が上達しました。
また指導をしてくださった中国語の先生の独自の指導方法により、作者は中国語を短期間で習得しました。

しかも文法をあまり考えないで中国語を話せるんですよ!この方法で英語を学んでいたら・・・、
と悔やむぐらい、おすすめの語学学習法です。
その独自の指導方法はまだ紹介できませんが、いずれは紹介する方向で考えています。

◇まずは身近にある発音しやすい単語で見てみましょう。
 まずカタカナ読みで発音してください。鳥(ウー)の音程は、高音で発音し、龍(ロン)と茶(ツァー)は、語尾を上げる ような感じで発音します。
 
                      ♪♪        
                             ♪       ♪       ウーロン茶
                            ♪       ♪
                      
                     ウー    ロン     ツァー
                      鳥     龍     茶
職」は中国にあり!
超加速中国語マスター
(マガジンID:  0000139002)

メールマガジン登録
メールアドレス:
 



メールマガジン解除

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

     このように音符で発音する方法を音符システムと呼んでいます。

   中国語には4種類の声調(音程)があり、この特有のアクセントは声調記号で表されています。

   声調記号とはピンインというアルファベットのつづりの上に付いている記号( ̄、/、∨、\)のことです。
   初心者にとっては、この声調記号を見て発音することは容易ではありません。

   そこで目からもイメージできる音符システムを活用するわけです。


   中国語は、発音が難しくて挫折する人が非常に多いのですが・・・。
   でも実は、音符システムにしたがって、カタカナを読むだけで通じるのです。

   中国語は、音程(声調)が違うだけで違う意味になるので、逆に音程さえしっかりすれば、カタカナ読みでもそれ    らしく聞こえるのです。

   声調のことを勝手に『音程』と表現させていただきましたが、身近に感じられる言葉に置き換えて、学習しやすくす   るように工夫しただけです。
------------------------------------------------------------------------
      ○声調記号と違って、音符システムの方がイメージがつきやすいこと。
      ○音符システムにそって発音するから、声調についての知識がなくても問題がないこと。
      ○音符システムに慣れると、音符システムの規則性からヒントを得て、声調記号の意味が分かってくること。
------------------------------------------------------------------------
   以上のことより、音符を使って読むのはとても効率がいい!

毎日、音符システムで中国語を発音してください!一日一語一文でキャリアアップ、間違いない!!